胃がんリスク検診

熱中症に要注意!!

梅雨明け発表後、暑い日が続いています。

連日猛暑日が続いています。
熱中症に十分注意しましょう。

熱中症は高温多湿な環境で、体内の水分・塩分バランスが崩れることで、体温調節がうまく働かなくなる状態です。
屋外だけではなく、室内でなにもしていない時にも発症し、めまい、立ちくらみ、こむら返り、倦怠感といった症状が生じますが、重症になると意識障害、高体温といった臓器障害を生じます。

熱中症になる前に暑さを避け、水分をしっかり取り予防をしましょう。 環境省のHP「熱中症予防サイト」では暑さ指数の実況と予測が毎日情報更新されていますので、参考にして下さい。

それでも、熱中症になってしまったら・・・・
F I R E で対応しましょう。

F (Fluid) ・・・電解質の含まれた液体(スポーツ飲料など)や点滴
意識があれば、スポーツドリンクなどを飲ませる。 意識が混濁していればできるだけ早く点滴を開始する必要がある。
I (Ice) ・・・身体の冷却
衣服を脱がせる。氷嚢または冷えた缶ジュース等で首筋・わきの下・足の付け根など大きな動脈が触れる部位を冷却。 水を口に含んで体に吹き付ける。 うちわや扇風機で風を送る。
R (Rest) ・・・運動の休止・涼しい場所で休む
涼しい場所で休ませる。可能であればクーラーのある部屋へ移す。
E (Emergency)・・・「緊急事態」の認識・119 番通報
      119 番通報・救急車の手配。意識状態のチェック。体温のチェック(現場での体温は熱中症診断に役立つ重要な情報です)。 医療機関に到着したら、倒れた現場での状況、気温、スポーツの強度・練習時間などを担当医に話す。
暑い夏を元気に乗り切りましょう!!