胃がんリスク検診

「女性のミカタ」プロジェクトのアンケート結果がでました

昨年の10月頃に行いました、「女性のミカタ」プロジェクトの患者満足度調査の全国集計が終わり、当院に結果が送付されてきました。

「女性のミカタ」プロジェクトとは女性の健康寿命の延伸と患者満足度亢進を目的にしたもので、昨年の10月から11月にかけて女性の患者様に「骨粗しょう症」や「過活動膀胱」の症状をアンケートを記載していただきました。
当院では次のような結果でありました。

(1) 「骨粗しょう症」、「過活動膀胱」のいずれかの症状に当てはまる人が72.9%を占める。
しかし、症状があるにもかかわらず未診断未治療が「骨粗しょう症」で72%,「過活動膀胱」で80.8%にのぼる。
(2) チェックシートで質問をすることに92.7%の患者が肯定的に評価をしている。
(3) 診断が確定した場合の治療意向は、「骨粗しょう症」で75.1%,「過活動膀胱」で68.8%と高い。

全国統計と当院の結果はほぼおなじでありました。
アンケート結果を元に診断を行い、実際に治療を行っている患者様が存在し、プロジェクトをおこなった意義は大いにあったと思います。
今後も「女性のミカタ」プロジェクトは続いていきますので、よろしくお願い致します。