胃がんリスク検診

正月休み明けの体に起こることは?

新しい年を迎えました。

今年は寒さも穏やかな年明けとなりました。

約1週間ほどの休暇を帰省先や旅行で、ご家族で楽しくリラックスされた方が多いと思います。
しかし、宴会やおせち料理を食べて、普段より体を動かさなかったという方も多いのではないでしょうか。

長年外来を行っていると、仕事始めを迎えるこの時期には、毎年体調不良を訴える方を多く診察します。

比較的多いのはメンタル不調で、「やる気がでない」・「体が重い」といった症状です。
これはほとんどの場合年末の忙しさから休みに入り一気に開放されたあとに、再び日常生活にもどる際にストレスを感じることから来ています。

また、生活習慣病(高血圧・糖尿病・高脂血症など)の患者様では、採血で肝機能や高脂血症・血糖値が上昇している方が多くなります。

体調不良から免疫力が低下し、胃腸炎やカゼやインフルエンザになる方もいます。
できるだけはやく普段の生活のリズムに戻すことや、手洗いやうがいを行うことが大切です。

当院は1/4から年始の診療を開始します。当院外来で、お気軽にご相談下さい。