胃がんリスク検診

冬こそダイエットに最適な時期です!!

年末年始の運動不足や暴飲暴食で体重が増えてしまった方が多いのではないでしょうか。

よく、内科の外来で患者様から「年末年始に体重が増えてしまって、今になってもなかなか元に戻らない」ということを聞きます。
「冬は痩せにくいから仕方がない」と思い込んでいませんか?
 でも、実は「寒い季節ほど体重を減らしやすい」ので、冬ほど楽してダイエットできる季節はありません。

 人間の体を維持していく必要最低限のエネルギーを「基礎代謝」といいます。
基礎代謝は体温を保ったり、呼吸・循環・消化吸収・代謝といった生命を維持していくのに必要なもので、体で消費されるエネルギーの6割から7割を占めています。
基礎代謝のなかで最も消費されるエネルギーが多いのが筋肉です。
筋肉量が多い人ほど基礎代謝が高くなり、少しの運動でも消費カロリーが多くなるため痩せやすい体質となります。

 基礎代謝量は季節によっても変動します。
暑い夏は、体温を保つためにそれほど筋肉の運動を必要としませんが、外気温の低い冬は体温を上げるための熱を多く作り出すために夏場よりも多くの筋肉の運動を必要とします。
つまり、冬は夏よりも基礎代謝が高くなります。

 冬に基礎代謝が増えた分、夏場よりも少しの運動でも消費カロリーが増加するため、痩せやすくなります。
冬場のダイエットは少し薄着で、筋力トレーニングと有酸素運動を行うことで、より効果的となります。

 より効果的に運動するためには、食後の運動がおすすめです。
食事を摂ると1〜2時間で血液に中のブドウ糖が増えてきます。
このとき、体で消費されないブドウ糖は、体脂肪となって体に蓄積されます。
食後の運動で、血液中のブドウ糖をエネルギーとして消費することで、余分な体脂肪の蓄積を防ぐ事ができます。
また、食後の運動は糖尿病の方は食後の高血糖の改善が期待できますし、血圧の低下作用もあります。

 カゼを引かないように注意しながら、運動で健康管理をしていきましょう。
個人によって、腰痛や膝の痛みなどの事情があり、お悩みの方もいらっしゃると思います。
当院の内科でご相談下さい。一緒に最適な運動の仕方を考えていきましょう。