胃がんリスク検診

寒い時期ほど血圧管理をしっかり行いましょう!!

高血圧で治療中の皆様、最近血圧は上昇していませんか?

 厳しい寒さの日が続いています。
内科の外来で高血圧の治療を行っていると、冬の寒さが厳しくなる季節に血圧を訴える方が増えてきます。
血圧の上昇からフラつきや頭痛を訴える方も増えてきます。

 寒い場所で過ごしたり冷たいものに触れると、血管が収縮して血圧が上昇します。
とくに、暖かい部屋から寒い屋外へ出ると血圧は急上昇します。
気温差が大きいほど、血圧は上昇しやすくなります。
また、脂質異常症(高脂血症)や糖尿病がある方や高齢者は、もともと血圧が高い方が多いので、急激な血圧上昇は脳卒中や心筋梗塞のリスクとなります。

 では、冬の血圧管理で注意するポイントは何でしょうか?

 ポイントは、「温度差をできる限り小さくする」ことと「急な動きを避ける」ことです。

 入浴時は、寒い脱衣所で裸になると血圧が上昇しますが、暑い湯船に入るとさらに血圧が上昇します。
しかし、長時間湯船に入ると血管が拡張するためが逆に血圧が低下します。
さらに寒い脱衣所に戻ると刺激で再び血圧が上昇し、脳卒中や心筋梗塞の原因となります。
温度差を小さくするためには、入浴前に脱衣所や浴室を暖房をしておくことや、湯の温度を40度程度とし、長時間浸かり過ぎないようにするのがポイントです。

 起床時も、睡眠中に低下していた血圧が上昇し、脳卒中が起こりやすい時間帯です。
とくに、睡眠中の暖かい布団から出て、寒い部屋で着替えをする際には脳卒中に要注意です。
起床前にタイマーで部屋を暖めておき、充分に部屋が暖まってからゆっくり着替えをし、洗面にはぬるま湯を使うなどして、温度差を小さくするようにしましょう。
 また、高齢者は夜間にトイレに行く方も多いと思います。
トイレや便座を温めるようにしましょう。

 また、血圧は急に慌ただしく動くことでさらに上がります。
寒い朝ほど余裕を持って行動するために、前日から翌日の出かける際の準備をしておくと、朝に慌てずにすみます。


 垂水区で高血圧が気になる方は、当院の内科でぜひご相談下さい。