胃がんリスク検診

動脈硬化の程度を測定できる機器(CAVI)を導入しました。

このたび、動脈硬化の程度を測定できる機器を導入いたしました。

 動脈硬化は、動脈の弾力がなくなり固くなった状態をいいます。
初期には特に症状はありませんが、進行すると高血圧や狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・腎不全といった病気の原因となります。
しかし、ほとんどの場合病状が進行するまで症状が認められません。
このため、動脈硬化が進行する前に早期発見・早期治療が大切です。
この動脈硬化の程度を簡単に計測できる検査がCAVI(キャビー)です。

この度当院で導入しました機器では、わずか5分程度の時間で、両手足の血圧と脈波を計測することで、CAVIとABIを計測することができます。


(1)CAVI検査
 CAVI値は血管の硬さを示します。
CAVI値9.0以上は「動脈硬化の疑い」と判断されます。
CAVIは動脈硬化のスクリーニング指標となり、CAVI値の経時変化を見ることで治療効果,薬剤効果の確認ができます。

(2)ABI検査
 ABI値は血管のつまり具合を示します。
通常寝た状態で血圧測定を行うと上肢よりも下肢のほうが血圧は高くなります。
しかし、動脈硬化により動脈につまりがあると、その部分の血圧は低くなります。
動脈のつまりは下肢に起こりやすいため、上肢と下肢の血圧の比を取ることで、血管の狭窄や閉塞の程度がわかります。

 また、当院で行っている動脈硬化の検査は、CAVIの他に頚動脈エコーがあります。
当院の内科では、予約にてCAVI検査を行っています。
お気軽にご相談下さい。