脳梗塞リスク評価

脳梗塞リスク評価

HOME > 病気の予防にむけて > 脳梗塞リスク評価

脳梗塞リスク評価のご案内

  • 脳梗塞リスク評価とは

    自覚症状がない、小さな脳梗塞をかくれ脳梗塞(無症候性脳梗塞)と言います。
    かくれ脳梗塞の方は、脳卒中、認知症になりやすいと言われていますが、初期には無症状である事が多く、頭部CTやMRI検査を実施しなければかくれ脳梗塞の発見が困難です。脳梗塞リスク評価はかくれ脳梗塞の発症リスクを簡単な採血のみで評価できる検査です。
    脳梗塞が気になる方はもちろん、頭痛・めまい・物忘れが気になる方におすすめします
    検査内容の詳細についてはアミンファーマ研究所のホームページを参照下さい。

  • 脳梗塞リスク評価の特徴

    ・ 血液を用いた検査です。
    ・ 3種類のバイオマーカー(アクロレイン抱合体・インターロイキン6・CRP)を用い、年齢を考慮にいれることで約85%の精度でかくれ脳梗塞が検出できます

  • 受診前の注意点

    午前10時から12時の間に採血してください(検査には事前に予約が必要です)。
    現在脳梗塞の症状がある方や炎症性疾患に罹患されている方、過去に脳梗塞の既往のある方は対象外です。

  • 検査の結果について

    脳梗塞リスク評価はリスクを数値(脳梗塞リスク値)で報告します。リスクは数値が高いほど、かくれ脳梗塞のリスクが高くなります。
    また、この脳梗塞リスク値から「高値」「境界域」「低値」に分類され、脳梗塞のリスクの傾向が3段階で示されます。「低値」よりも「境界域」、「境界域」よりも「高値」が、脳梗塞が存在するリスクが高くなります。
    脳梗塞リスク評価はかくれ脳梗塞が存在するリスクを評価する検査で、かくれ脳梗塞があるか否かをはっきりと判断するものではありません。
    リスクが高いと判断された方は、頭部CT/MRIなどの画像診断検査を受けていただくことをおすすめします(提携医療機関へ紹介可能です)。

脳梗塞リスク評価 Q&A

  • 検査はどのように行われるのですか?

    特別な準備の必要はありません。事前に簡単な問診と少量の血液(5mL程度)を採取することで検査ができます

  • 検査の結果はどのくらいで報告されるのですか?

    検査を受診されてから、約2週間後以降に結果を報告いたします

  • 脳梗塞リスク評価を受診すれば、画像診断検査は受けなくて大丈夫ですか?

    脳梗塞リスク評価は、血液中のバイオマーカーや年齢などからかくれ脳梗塞のリスクを評価する検査です。リスクが高いと診断された場合や、すでに神経症状がある場合は頭部CTやMRIなどの精密検査が必要です

  • 脳梗塞リスク評価は1度検査すれば良いのですか?

    脳梗塞リスク評価は採血を行った時の、脳梗塞であるリスクを評価する検査です。生涯に渡ってのリスクを予測するものではありませんので、定期的な検査をお勧めします

  • 脳梗塞であるリスクとは、どのようなことですか?

    リスクとは、確率、可能性、危険性などと呼ばれているもので、脳梗塞であるか否かをはっきりと判断するものではありません

  • 検査の費用について

    ¥16,200(税込み)
    この検査には健康保険は適用されません

  • 検査の申し込み方法・問い合わせ先

    検査には予約が必要です。
    受診日を決めていただいたうえで、検査前日までに当院までお電話ください
    なお、検査及び検査結果の説明は内科の診療時間内に限ります。
    検査日は医師より検査内容の説明を行った後、採血を行います。

    検査可能な日時:月〜金曜日の午前10時から12時 (午後診時間帯や土・日・祝日は検査不可です)
    < かわクリニック 〒655-0044  神戸市垂水区舞子坂3−16−12  TEL 078(781)1838

ページの先頭へ戻る