神戸市垂水区|かわクリニック|内科・消化器内科

かわクリニック

緊急事態宣言解除になりました(^o^)

喜ぶ家族
今日(5月25日)、全国で緊急事態宣言が解除されました。兵庫県の感染者は最近はゼロが続いています。これまでみんな頑張っていろいろ対策をとってきた成果が上がっており、本当によかったと思います。

先週末の状況を見てみると・・・

一気に、街に人が増えましたね。

この土日に明石駅周辺まで出かける用事がありました。舞子駅から明石駅周辺まで国道2号線を使って移動しましたが、人も車も多かったです。
ちょっと、これまでの自粛で街にほとんど人がいなかったこととのギャップが大きく、少し戸惑いました。
天気に恵まれ少し汗ばむぐらいの陽気で、2号線沿いはジョギングをしている方が多かったです。車の量も全体に多く、渋滞している時間もありました。
明石の街にも人が増え、夜もお店の明かりがついていて賑わいを感じられました。
感染の発生に注意をはらいながら、徐々に経済活動が活発となっていけばいいですね。


さて、それを踏まえて思うところを書こうとおもいます。
緊急事態宣言が解除され、すべてをもとに戻して行きましょう、ということにはなりません。
いつまでかは見通せませんが、今後も一人ひとりが自分で気をつけて行動しないと行けない状況が続きます。
外出から帰ったらしっかり手洗いをしましょうとか、体調が悪いときは自宅で安静にしましょうとか、ソーシャルディスタンスを保ちましょうとか、ということです。

自粛期間中には、感染の不安からか、ちょっと行き過ぎた反応もあったように思います。
例えば、配達員の方との接触が心配だからといって、配達員の方にアルコール消毒液をふりかけたり、「県をまたいだ移動を移動をしているのはけしからん」と言って、他府県ナンバーの車に嫌がらせをしたり・・・
他にも自粛警察と言われるような問題が起きたりしたこともありました。


現在の日本の感染の状況を考えると、1ヶ月前とは違って、「距離をとってまちなかを歩いていれば、ほぼ市中感染することはないだろう」と個人的には思います。
一方、患者さんの受け止めはいろいろです。

患者さんと会話していると、「まだまだ心配だから街に出ないつもり」という方がいる一方、「もう大丈夫だからあまり気にせずすごしているよ」とう方まで様々です。
国からの呼びかけに対してしっかりと守って行動する人や、それ以上に慎重に対応する方がある一方、「そこまでしなくてもいいだろう」と自分の基準で行動される方までいろいろいらっしゃいます。それぞれが他の人がどうしているか気になるところだと思います。
ときにその違いから軋轢を生じることもあります。

これまで通りリスクが心配な人は、あまり気にかけていない人の行動が気になるかもしれません。一方、リスクをそれほど気にかけない人は、慎重に行動する人を大げさと思うかもしれません。
緊急事態宣言が開けた今後は一層そのギャップが大きくなるかもしれないと、危惧しています。

それぞれみんな生活環境が違えば、行動の基準も違ってきます。
お互いが違いを認め合わず、他人を否定したり、誹謗中傷したりするとトラブルのもとになります。
他人を否定せず、これまで以上にさまざまな価値観を認め合うようにしたいですね。


これからコロナとともに生きる時代を「withコロナ」というみたいです。
今後も感染予防の対策はおこないつづけなければなりません。と同時に、許容される範囲での経済活動の再開も重要なことです。
自分なりの行動の基準は持ちつつ、相手との違いを認め合いながら立場を尊重し会えるように、成熟した社会を作っていきたいですね。

今後も起きるかもしれない危機に備えながら、おたがいを尊重しあい、みんなで協力していきましょう!
お問合せはTEL: 078-781-1838
かわクリニック