神戸市垂水区|かわクリニック|内科・消化器内科

かわクリニック

逆流性食道炎

逆流性食道炎

●逆流性食道炎とは?

いつもより食べ過ぎた時、胸焼けや酸っぱい液が喉まで上がってくることはありませんか?その症状の原因は逆流性食道炎かもしれません。 胃と食道の間には、食べ物や胃酸が食道へ逆流しないように圧力がかかり閉まっています。この閉まりが悪くなると、胃酸が食道へ逆流を起こします。食道の粘膜は胃と違い酸に弱いので、胃から逆流してきた胃酸により炎症を起こします。これが逆流性食道炎です。

●逆流性食道炎の症状は?


逆流性食道炎の症状は、胸やけ、呑酸(酸っぱい液が喉まで上がってくる)、喉の違和感、ゲップ、胃もたれがあります。また、食道への胃酸の刺激により胸痛を生じたり、喉まで上がってきた胃酸が気管へ流れ込むときに咳が出たりすることもあります。

●逆流性食道炎を起こしやすいタイプの人は?

逆流性食道炎を起こしやすいタイプの人は、脂肪分の多い食事をとる人、肥満の人、高齢者、妊娠している人などが挙げられます。

●逆流性食道炎の原因は?

逆流性食道炎の原因は大きく次の4種類に分けられます。

1.胃酸分泌の増加

胃酸分泌が過剰になることで、胃液の逆流が起きやすくなります。過食、高脂肪食や高タンパク食、喫煙、アルコール、コーヒーなどが誘因となります。

2.下部食道括約筋の機能低下や食道裂孔の緩み

胃と食道の接合部の下部食道括約筋の働きが弱くなったり、食道裂孔ヘルニアにより胃が胸腔内にせり上がる状態となり、胃酸が逆流しやすくなる状態です。加齢や肥満などが誘引となります。

3.胃内圧の上昇

胃が圧迫され、胃の内圧が上がると胃酸の逆流が起こりやすくなります。肥満、過食、加齢、前かがみの姿勢などが誘因です。

4.食道の知覚過敏

少しの胃酸の逆流でも食道の粘膜が敏感に感じ取る状態です。ストレスなどが誘因です。

●逆流性食道炎の診断は?

胸やけなどがあるときには、胃腸を専門にしている医師(消化器内科・胃腸科など)の診察を受けて下さい。診断は症状の問診と内視鏡検査により行います。内視鏡検査により悪性疾患がないかどうかと、食道の炎症の程度を評価します。逆流性食道炎の内視鏡的重症度はロサンゼルス分類改定版が主に用いられています。粘膜障害の広がりの程度により軽症のものから順にM,A,B,C,Dに分けられます。逆流性食道炎は再発を起こしやすいため、定期的な内視鏡検査が必要です。

●逆流性食道炎の治療は?

胃酸の分泌を抑える薬 (H2ブロッカーやプロトンポンプ阻害薬)を内服します。ほとんどの場合数日から1週間程度の内服で症状は改善します。しかし、症状がなくなったからといって、勝手に中止するのはよくありません。粘膜の炎症がなくなったわけではありませんので医師の判断にしたがい、内服をつづけてください。また、内服を続けても逆流性食道炎の所見が改善しない場合や再発を繰り返す場合、手術療法(噴門形成術)が必要となることがあります。

●逆流性食道炎の治療中に気をつけることは?


逆流性食道炎は薬剤による治療の他に、食事や生活習慣の改善で症状の悪化を防ぐことが可能です。食事は胃酸分泌を過度に促進しないようなメニューにすることが大事です。脂肪分の多いものや甘いもの、香辛料を多く使った刺激が強いものは控えましょう。生活習慣の改善として、お酒やたばこを控える、ベルトで腹部を過度に圧迫しない、頭の位置を高くして眠る、重いものを待ちあげるような動作を避けるといったことが挙げられます。




無題ドキュメント
逆流性食道炎
お問合せはTEL: 078-781-1838
かわクリニック