神戸市垂水区|かわクリニック|内科・消化器内科

かわクリニック

ブログ

健康のこと、日常のことなどを発信しています。

【日本の論文紹介】納豆を食べると死亡リスクが低下する!

2020/2/26
納豆
日本人は納豆や味噌といった大豆発酵食品を日常的に食べています。「納豆は健康にいい!」と言われていますが、その知られざる健康パワーが最近明らかになってきています。
今回は、最近発表された日本人を対象に研究された論文をご紹介します。

納豆などの大豆発酵食品の摂取で、心筋梗塞などによる死亡のリスクがが低下する

国立がん研究センターから発表された日本人を対象とした研究論文をご紹介します。
この論文では「JPHC研究」という大規模なコホート研究から得られた成果をもとに発表されています。JPHCは日本人を対象に、いろいろな生活習慣とがん・脳卒中・心筋梗塞がどのように関わり合いを持っているかを調べた大規模な研究です。

健康食品として大豆は注目を浴びています。これまでにも納豆や味噌といった大豆発酵食品の摂取と血圧との関係や納豆の摂取と死亡リスクを研究した論文はありましたが、研究ごとに結果が異なるものもあり、一定の見解が得られていません。この論文では多目的コホート研究において、大豆食品、発酵性大豆食品摂取量と死亡リスクとの関連について検討されています。

循環器病になっていない人から5年間に得られたアンケート結果より、総大豆摂取量・発酵性/非発酵性大豆食品摂取量・各大豆食品(納豆・味噌・豆腐)摂取量を量別に5つのグループに分けて検討されました。その後約15年間の追跡期間の総死亡・がん死亡・循環器疾患死亡・心疾患死亡・脳血管疾患死亡)との関連を男女別に調べました。

結果をまとめると以下の通りです。
・総大豆摂取量と死亡率には男女とも相関がなかった
発酵性大豆食品の摂取が多い人は男女とも死亡リスクが低かった
・各大豆加工食品のうち、女性では納豆・味噌の摂取量が多い人は死亡リスクが低かったが、男性にはその傾向がなかった。豆腐にはは男女ともに死亡率低下の傾向はなかった。
・死因別の検討では、いずれの食品もがん死亡低下の傾向はなかったが、循環器病の死亡率は男女とも納豆の摂取量が多いほど低下が認められた。特に、納豆を1日に50g以上摂取している人は摂取していない人よりも循環器病の死亡リスクが10%低かった


引用 Association of soy and fermented soy product intake with total and cause specific mortality: prospective cohort study
BMJ 2020; 368 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.m34 (Published 29 January 2020)
Katagiri R1, Sawada N2, Goto A1, Yamaji T1, Iwasaki M1, Noda M3, Iso H4, Tsugane S1; Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
健康
日本人の伝統的な食生活の中で、大豆発酵食品である納豆や味噌は欠かせないものです。日本人は納豆や味噌を多く摂る食習慣が死亡率を下げ、長寿につながっていることが示唆される研究です。特に納豆1パック(約50g)を毎日摂取することで、心筋梗塞などによる循環器病リスクが低下したという結果は、欧米化した日本人の食生活を見直すきっかけにしたいところです。

日本消化管学会学術集会(姫路)に参加しました。

2020/2/19
日本消化管学会学術集会2020
 2020年2月8日日本消化管学会の学術集会が姫路でありましたので参加しました。午前の診療後すぐに会場入りし、土曜日の午後のみの短い時間でしたが、教育講演とワークショップに参加しました。

 教育講演は、「潰瘍性大腸炎の治療」・「胆汁代謝と便通異常」・「健診でみつかる上部消化管疾患」について聴講しました。今回は会場が全体的に狭く、満員のため立ち見でしたので、すこし辛かったです。
 潰瘍性大腸炎は腹痛・発熱・下痢・粘血便を生じる自己免疫病で国の難病に指定されていますが、日本では総数で20万人を超える比較的多い疾患です。症状がつよい中等症・重症の場合はこれまでステロイド治療がスタンダードでしたが、ステロイドが効きにくい症例(ステロイド抵抗性)やステロイドを減量すると再発し減量困難な症例(ステロイド依存性)が以前より問題となっています。以前からある薬剤に加え、最近は免疫調整薬や生物学的製剤が多数発売され、治療の選択肢は増えており、「臨床的症状の改善」から一歩進んで「内視鏡的粘膜治癒」を目指すことができるようになってきています。病状を把握するためのバイオマーカーの進歩も進んできており、これまでよりも体の負担が少なく検査・治療が行えるようになっています。潰瘍性大腸炎は治療薬剤の選択肢が多いゆえ、治療ガイドラインのシェーマ図は地下鉄の路線図に例えられるほどですが、講演では最新の治療・の概要が解説され、知識の整理ができました。
 胆汁は肝臓から小腸へ分泌される消化液ですがその成分の胆汁酸はほとんどが回腸末端で再吸収され、門脈を通り肝臓に戻ります(腸肝循環)。この再吸収される胆汁酸が腸管で多くなると便秘を生じやすく、再吸収が少なくなると下痢を生じます。胆汁酸と消化管の関わりに関して理解ができました。
 健診での胃内視鏡の際に見つかる「好酸球性食道炎」「自己免疫性胃炎」「逆流性食道炎」についての講演も興味深いものでした。
 いずれも今後の診療の場で必要とされる内容ばかりです。今後も自己研鑽を積んでまいります。

当院での内視鏡の感染予防対策をご紹介します。

2020/11/10
(2020年11月10日 記事内容を追加しました。)

内視鏡後の洗浄・消毒の手順について

内視鏡検査で近年問題になっているのが内視鏡を介した細菌・ウイルス感染です。当院では細心の注意をはらい、内視鏡による感染ゼロにすべく徹底した洗浄・消毒を行っています。

内視鏡終了後の洗浄・消毒は以下の手順で行っています。
1.検査終了直後には洗浄液を管路内に吸引し、内視鏡表面についた汚れをアルコールで拭き取ります。
2.流しで用手的にスコープを中性洗剤で洗浄し、内視鏡チャンネル内を丁寧にブラシで汚れを落とします。
3.内視鏡自動洗浄機(カイゲン クリーントップKD-1)にセットし、強酸性水を用いて洗浄・消毒を行います。
なお処置具はディスポーサブル製品は使用後速やかに廃棄処分します。リユース製品は超音波洗浄機でムラなく洗浄後、高圧蒸気で滅菌消毒を行います。

内視鏡自動洗浄機(カイゲンKD-1)の紹介

当院で採用している内視鏡自動洗浄機 カイゲン KD-1は以下の特徴を持っています。
1.アルカリ洗浄による有機物除去
アルカリ性の洗浄液を全浸漬させることで、用手的に除去できなかった有機物を除去します。有機物が残っているとこのあとの強酸性電解水の滅菌効果が減弱するので大事な工程です。
2.強酸性電解水による消毒・滅菌
専用の食塩水を電気分解することで、陽極側はpH2.7以下の強酸性となり次亜塩素酸が産生されます。これを内視鏡にシャワーのように吹きかけることで細菌を滅菌・消毒を行います。MRSA、大腸菌、抗酸菌、真菌、ウイルスなど広範な微生物に有効です。一般細菌だけでなく、結核菌といった抗酸菌に対しても、強酸性電解水は完全な殺菌効果が認められています。またKD-1には強酸性電解水のスペックモニタリング機能が備わっており、消毒中に強酸性電解水のスペックが、消毒レベルを満たしているかを自動で検知することができます。内視鏡の消毒が終われば廃液は不活化され、環境を汚染することなく排出されます。


内視鏡自動洗浄機

強酸性電解水の新型コロナウイルスに対する不活化効果が立証されました。

COVID-19の流行の中で、内視鏡検査では新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対しても感染予防対策が求められています。強酸性電解水を用いた滅菌は一般細菌や結核菌を始めとした抗酸菌、ウイルスに対して効果が認められていますが、新型コロナウイルスに対してはこれまで検証されていませんでした。
この度、大阪医科大学とカイゲンの共同研究で、強酸性電解水の新型コロナウイルスに対する不活化効果が認めれたとのプレスリリースが2020年11月に発表されました。


これによると、カイゲンKD-1などの内視鏡洗浄・消毒目的で用いられる10ppmの強酸性電解水を、SARS-CoV-2に接触させる実験系で、SARS-CoV-2を1分間で99.99%以上不活性化することができることが立証されました。
なお、強酸性電解水が十分な除菌効果を発揮するにはあらかじめ用手的にタンパク質の汚れを十分に落としておく必要があることにこれまでと変わりはありません。


新型コロナウイルス対策について

2020/7/6
(この記事は2020年1月31日に記しています。その後の感染の発生状況や診断・治療といった医学的内容・行政の対応については変化しうる内容です。随時更新を行っていましたが3月11日で更新を終了しました。。)
(追記:2020年2月5日「行政の新型コロナウイルスに関する相談窓口のご案内」を追記しました。)
(追記:2020年2月7日「当院での対応について」「行政の新型コロナウイルスに関する相談窓口のご案内」を追記・変更しました。)
(追記:2020年2月14日「当院での対応について」を追記・変更しました。)
(追記:2020年2月17日「当院での対応について」を追記・変更しました。)
(追記:2020年2月25日「新型コロナウイルスの感染を防ぐ方法は?」の内容を追記・変更しました。)
(追記:2020年2月28日「当院での対応について」を追記・変更しました。)
(追記:2020年3月2日「日本での新型コロナウイルス感染の現状」を追記・変更しました。)
(追記:2020年3月9日「当院での対応について」を追記・変更しました。)
(追記:2020年3月11日「当院での対応について」を追記・変更しました。)



日本での新型コロナウイルス感染の現状

新型コロナウイルス感染が広まりを見せており、肺炎を起こし重症化する症例が認められています。兵庫県では3月1日にコロナウイルス感染者の1例目が確認されています。
新型コロナウイルスについての情報(医学的な内容や行政としての対応など)は日々変化しますので、あえてこのブログに記載することはいたしません。厚生労働省のサイトに記事やリンクがまとめられていますので、参照していただきたいと思います。
また神戸市は臨時の相談窓口を設けています。

新型コロナウイルスの感染を防ぐ方法は?

コロナウイルスの感染予防は、インフルエンザ予防とほぼ同じで、手洗いと咳エチケットの徹底です。
具体的には次のとおりです。
1.手洗いの徹底:石鹸を使い流水で手先から手首まで30秒以上かけて洗い流す
2.咳エチケット:咳が出る際にはマスクをする。マスクがない場合は咳が出た際には手で口を押さえず、肘やティッシュペーパーで口元をカバーする

マスクの予防効果は限定的ですが、満員電車など人混みに入る際には有効と考えられます。つり革などに付着したウイルスによる接触感染も考えられますので、こまめな手洗いが重要です。
詳細は厚生労働省のホームページに動画でわかりやすく解説していますので参考にしてください。

また、感染症に対しては普段から栄養管理で、免疫を強くすることで感染予防ができます。バランスの良い食事でミネラル・ビタミン補給を行うよう心がけましょう。

当院での対応について

厚生労働省から、「新型コロナウイルス感染症に対応した医療体制について」という通知に基づき、神戸市に「新型コロナウイルス感染症 神戸市帰国者・接触者相談センター」が設置されました。当院ではそれに基づき対応を行います。発熱・呼吸器症状がある方で、新型コロナウイルス感染の疑いのある方は直接診察できませんのでご了承ください。

以下に当てはまる方は、直接受診せず「神戸市帰国者・接触者相談センター 電話 078-322-6829」へ相談を行ってください。

(1)発熱または呼吸器症状があり、新型コロナウイルス感染症確定患者と濃厚接触歴がある 。
(2)37.5℃以上の発熱と呼吸器症状があり、発症14日以内に新型コロナウイルス流行地域に居住していた。
(3)37.5℃以上の発熱と呼吸器症状があり、「発症14日以内に新型コロナウイルス流行地域に渡航または居住していたもの」と濃厚接触がある。
(4)風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
(5)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※新型コロナウイルス流行地域(2020年3月6日現在):中華人民共和国湖北省及び浙江省、大韓民国大邱広域市、慶尚北道清道郡、慶山市、安東
市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡及び軍威郡、イラン・イスラム共和国ギーラーン州、コム州、テヘラン州、アルボルズ州、イスファハン州、ガズヴィーン州、ゴレスタン州、セムナーン州、マーザンダラン州、マルキャズィ州及びロレスタン州、イタリア共和国ヴェネト州、エミリア=ロマーニャ州、ピエモンテ州、マルケ州及びロンバルディア州並びにサンマリノ共和国
※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、(4)(5)の状態が2日程度続く場合

直接来院されますと、院内感染につながる可能性があります。ご協力をよろしくおねがいします。

当院では現在以下の対応を強化しています。
(1)患者さんが触れる手すり、椅子・トイレなどの清掃・消毒(アルコール・次亜塩素酸ナトリウム)の回数の増加
(2)職員の健康管理の強化(出勤・退勤時の検温と風邪症状の有無の確認)
また、発熱や呼吸器症状がある方の診察の際には、医師・看護師はマスク・手袋・ゴーグル・ガウン着用の上で診療を行う場合がありますので、予めご了承ください。

また、当院では普段から院内感染予防のために、発熱などの症状があり感染症が疑われる患者さんと一般の方と動線を分けるよう対応を行っているところです。待合室ができるだけ混雑しないよう、午前中の診療時間は当日の順番予約を採用しています。スマホ・PCなどネット接続ができる方は、登録を行っていただくと診察の順番が近づけばメールでお知らせができます。ネット接続ができない方は当院までお電話をいただければ、順番予約を行います。だいたいの待ち時間をお知らせしますので、タイミングを見て来院していただくとスムーズです。
どうぞ順番予約の積極的な利用をよろしくおねがいします

行政の新型コロナウイルスに関する相談窓口のご案内

行政では新型コロナウイルスに関する相談に応えるため、電話による相談窓口を設置していますのでご利用ください。

・神戸市垂水区保健センター(平日9:00-17:30) 電話 078-708-5151
・神戸市 土日・祝日専用の電話相談窓口(9:00-17:30)(臨時)電話 078-322-6250
・兵庫県(疾病対策課)相談窓口 (平日9:00-17:30) 078-341-7711(内線:3296)
(休日及び夜間17:30~翌9:00) 090-3265-8583
・厚生労働省 (平日・土・日9:00-21:00)  電話  0120-565-653(フリーダイヤル)

日本成人病(生活習慣病)学会に参加しました

2020/1/14
日本成人病(生活習慣病)学会学術集会
東京で日本成人病(生活習慣病)学会の学術集会が開かれましたので1月12日に朝から夕まで参加してきました。いくつかのセッションに参加しましたが印象に残ったのは午前中の不整脈の一つである心房細動に関することです。
心房細動は放置すると血栓を生じ脳梗塞を生じることがあるため早期発見・早期治療が必要な疾患です。薬剤治療やカテーテル治療(アブレーション)、自動血圧計を用いた早期発見の知見や未病段階での治療介入の可能性の研究など、興味深い内容でした。
明日からの日常診療に役立てたいと思います。

昼間に40分ほど時間がありましたので、会場から歩いて5分の場所にある清水谷公園へ行きました。
ここは明治維新で活躍した維新三傑の一人である大久保利通が明治11年に暗殺された場所のすぐ近くです。(紀尾井坂の変)
公園には大きな哀悼碑が建てられており、きれいに整備されていました。
その後すぐに学術集会の会場に戻りましたので僅かな時間の滞在でしたが、日本の近代化に貢献した人物が志半ばで無念の死を遂げた場所を想像して歩いてみると、感慨深いものがありました。

大久保利通哀悼碑説明文大久保利通哀悼碑
お問合せはTEL: 078-781-1838
かわクリニック